便利なバッチファイル 大量のログから文字列を検索し抽出するバッチファイル
TAGS: batfindコマンドエラー抽出コマンドプロンプトバッチファイルログ抽出ログ検索文字検索

ネットワークトラブルやサーバーがあった時にログを保存してエラーを追ったり探したりするかと思います。

膨大なログからエラーを探すのって大変ですよね。

人の目で見ると見逃してしまうかもしれません。

そんな時に便利なバッチファイルを作成しました。

 

 

その名も単純「エラー検索バッチ」です。

 

+++ 使い方 +++

1.新規フォルダを作成し同フォルダ内に対象ログファイルを入れる。

「対象ログファイル:SW_showTech-Support.txt」

 

エラーログ抽出バッチ
対象のログファイル

「対象ログファイル:SW_showTech-Support.txt」の中身

—————————————————————–

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch01(config)# terminal length 0                ←ログ画面でmoreを出さないようにするコマンド
Switch01# show rologging reverse       ←ログ確認コマンド
Date Log messages
Nov 6 09:55:38 Switch001 <cli:info> show logging reverse
Nov 6 09:55:34 Switch001 <cli:info> exit
Nov 6 09:55:27 Switch001 <cli:info> terminal length 0
Nov 6 09:55:19 Switch001 <cli:info> configure terminal
Nov 6 09:17:43 Switch001 <na:warning> NA: No valid RADIUS responses received from 10.2.1.1
Nov 6 09:17:43 Switch001 <na:warning> NA: No valid RADIUS responses received from 10.2.1.1
Nov 6 12:13:06 Switch01 <port:err> Port 8 link down.   ←検索文字 ”err” の文字列
Nov 5 09:17:25 Switch001 <na:warning> NA: auth failed : 00:10:5e:00:01:09(0.0.0.0) by MACADDR on port 14
Nov 5 09:00:53 Switch001 <na:notice> NA: auth success : b0:99:28:18:8e:e6(0.0.0.0) by MACADDR on port 11
Nov 5 09:00:38 Switch001 <na:notice> NA: login : b0:19:28:d8:8e:94(0.0.0.0) by MACADDR on port 1 vid 2

・・・

—————————————————————–

 

 

2.「エラー検索バッチ:errcheck.bat」を作成し同フォルダ内に入れる。

エラーログ抽出バッチ3
エラー検索バッチ

 

エラー検索バッチファイルの内容
( errという文字列をエラー結果.txtに出力する)
—————————————————————–

@echo off

rem 拡張子.txtの中から “err” という文字列を探し “エラー結果.txt”に出力する

find “err” *.txt > “エラー結果.txt”

—————————————————————–

 

 

3.上記のバッチを叩くと同フォルダ内に”エラー結果.txt”というファイルが出力されます。

エラーログ抽出バッチ

※”検索したい”err”を含む文字列”が「エラー結果.txt」としてテキスト出力します

 

「エラー出力.txt」の中身

—————————————————————–

Nov 5 12:13:06 Switch01 <port:err> Port 8 link down.

—————————————————————–

 

 

数万行に及ぶログファイルがある場合は、このバッチファイルを使えば簡単に探したい文字が見つかります。

是非活用してみて下さい。

 

Author