便利なバッチファイル作成 簡易コントロールパネル
TAGS: cmdエンジニアコマンドプロンプトコントロールパネルショートカットバッチファイルメニュー便利

私は日々、コンピュータを使用していて思った事がある。

パソコンには色々なメニューがある。例えば良く使うコントロールパネルの設定、ネットワーク接続、コンピュータの管理etc…

マウスクリック、キーボードカチャカチャ、自分の指を速めれば仕事が速くなる。

しかし、やはりずっと指を動かすのは見えない疲れが溜まるし労力が勿体無い。

そこで、良く使うメニューは、ショートカットで開けるようにすることにした。

名付けて「簡易コントロールパネルVer1」!!

便利なバッチファイル_簡易コントロールパネルbat

このバッチが完成したおかげでマウスクリック、キーボードを打つ時間が短縮した

これはあくまでも仕事効率化の為の時間短縮用のバッチです。

早く仕事が終わって定時で帰りたいので作った。

バッチをクリックするとこんな感じのメニューが表示される↓

少しだけ、色気を加えて青文字の背景と白文字で表示させることにした。

今回はword,notepadなど簡易的なメニューしか入れていないが、型枠としてはバッチリだろう。

 

便利なバッチファイル_簡易コントロールパネル

+++ 使い方 +++

1.バッチをクリックすると画面が開く

2.メニューから開きたいツールの番号を確認する。

3.入力:”の部分に該当の番号を入力しEnterを押すだけで対象ツールが開けるようになる。
※例えば9を入力すると「レジストリエディタ画面」が開く

4.コマンドがめんどくさい時などはいつでも呼び出して使用できます。

 

 

 

バッチファイルの中身は下記になります↓ (コピーしてメモ帳に貼付け→batファイルとして保存したら完了です。)

 

@echo off

rem ————————————————-
rem 簡易コントロールパネル
rem ————————————————-

color 1f
:Menu
cls
echo ————————————–
echo □■ Menu ■□
echo ————————————–
echo 1:コントロールパネル
echo 2:コンピュータの管理
echo 3:システム
echo 4:メモ帳
echo 5:ペイント
echo 6:エクスプローラ
echo 7:ネットワーク接続
echo 8:プログラムの追加と削除
echo 9:レジストリエディタ
echo a:パワーポイント
echo b:エクセル
echo c:ワード
echo q:終了
echo ————————————–

rem 判定キーの初期化
set Slt=nul

rem 選択値の入力を求める
set /p Slt=入力:

rem 条件分岐
if ‘%Slt%’==’1’ goto Set_1
if ‘%Slt%’==’2’ goto Set_2
if ‘%Slt%’==’3’ goto Set_3
if ‘%Slt%’==’4’ goto Set_4
if ‘%Slt%’==’5’ goto Set_5
if ‘%Slt%’==’6’ goto Set_6
if ‘%Slt%’==’7’ goto Set_7
if ‘%Slt%’==’8’ goto Set_8
if ‘%Slt%’==’9’ goto Set_9
if ‘%Slt%’==’a’ goto Set_10
if ‘%Slt%’==’b’ goto Set_11
if ‘%Slt%’==’c’ goto Set_12
if ‘%Slt%’==’q’ goto :eof

rem 指定文字以外の入力がある場合は、メニューに戻る
goto Menu

:Set_1
rem —————————————————-
rem ■コントロールパネル
rem —————————————————-
start control.exe

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_2
rem —————————————————-
rem ■コンピュータの管理
rem —————————————————-
start compmgmt.msc

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_3
rem —————————————————-
rem ■システム
rem —————————————————-
start sysdm.cpl

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_4
rem —————————————————-
rem ■メモ帳
rem —————————————————-
start notepad

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_5
rem —————————————————-
rem ■ペイント
rem —————————————————-
start mspaint

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_6
rem —————————————————-
rem ■エクスプローラ
rem —————————————————-
start %SystemRoot%\explorer.exe

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_7
rem —————————————————-
rem ■ネットワーク接続
rem —————————————————-
start ncpa.cpl

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_8
rem —————————————————-
rem ■プログラムの追加と削除
rem —————————————————-
start appwiz.cpl

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_9
rem —————————————————-
rem ■レジストリエディタ
rem —————————————————-
start regedit.exe

:Set_10
rem —————————————————-
rem ■パワーポイント
rem —————————————————-
start powerpnt

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_11
rem —————————————————-
rem ■エクセル
rem —————————————————-
start excel

rem 処理終了
goto :Menu

:Set_12
rem —————————————————-
rem ■ワード
rem —————————————————-
start winword

rem 処理終了
goto :Menu

rem 処理終了
goto :eof

 

もし番号を間違えた場合でもちゃんとエラー処理があります。

q を押せば元の画面に戻れます。

 

操作メニューを素早く開いて残業しないようもっと改良していきます。

Author