batファイル実行時にプロンプトを非表示にするvbsスクリプト
TAGS: batファイル非表示vbsvbsスクリプトvbs非表示コマンドプロンプトバッチファイルプロンプト非表示画面に非表示非表示非表示設定

こんにちは!

バッチファイルを実行するときに黒いプロンプト画面が表示されますよね!?

そのプロンプト画面を非表示にさせたい。

そんな時に使用できるのが、バッチ非表示vbsです。

下記は、例として簡易的なバッチファイルとバッチファイルのプロンプトを非表示にするvbsです。

bat_vbs

下記はGoogleを開くバッチファイル「test.bat」のコードになります。

——- test.batのコード ———————

start http://www.google.com

————————————————-

このbatファイルを開くとコマンドプロンプトが一瞬表示されます。

これは通常のbatファイルの動きです。

このコマンドプロンプトを一瞬でも表示させたくない時に使用するのが「非表示バッチ.vbs」です。

——- 非表示バッチ.vbsのコード ———

Set ws = CreateObject(“Wscript.Shell”)
ws.run “cmd /c test.bat”, vbhide

————————————————-

このvbsを実行するとtest.batのプロンプトが非表示になります。

ws.run “cmd /c test.bat”,vbhide

”cmd /c 指定のバッチファイル名 と記述すると対象のプロンプトが表示されません。

batファイルを利用者に見えないよう設定を適用したいときには役立ちます。

非表示バッチ.vbsで設定しちゃいましょう!

Author