Windowsセキュリティプログラムhotfix KB一覧表示
TAGS: cmdHotfixKBKB一覧表示systeminfoWindowswmicコマンドパッチバッチファイル更新プログラム一覧

現在のパソコンのパッチ(KB)一覧表示するコマンドを紹介します。
KBプログラムの一覧を確認したいパソコンのローカルでコマンドプロンプトを実行してみてください!

 

 

パッチ一覧を表示するのに使うコマンドはWMICコマンドかsysteminfoコマンドです。

  • Wmicコマンドで出力させると視覚的に見やすい表が出力されます。
  • systeminfoコマンドだと構文も短くシステム詳細一覧が表示されます。

 

どちらもバッチファイル作成して実行でも、コマンドプロンプトからコマンド実行をして動作する事が出来ます。

 

WMICコマンド

下記のコマンドでHotFix(更新プログラム)一覧をHTML形式で出力します。
WMIC QFE LIST /FORMAT:htable > HotFix.html

テーブル形式で出力させたい場合は下記のコマンドになります。
WMIC QFE LIST /FORMAT:hform > HotFix.html

 

systeminfoコマンド

systeminfo > パッチ一覧.txt

 

2つのコマンドは、更新プログラムを調べるときには便利なコマンドです。

コマンドの後にリダイレクト(>)を付与しファイルとして出力させた方が便利です。

 

 

更に下記は、私が改良したパッチ(KB)一覧表示の為のバッチファイルです。

更新プログラム表示方法の用途に合わせてご使用ください。

コピペでバッチファイルを作成すれば完成です。

 

例:更新プログラム一覧表示.bat

@echo off
rem ######################
rem ホットフィックス一覧表示
rem ######################

:Menu

rem 画面をクリア
cls

rem カレントディレクトリの変更
cd %Desktop%
echo.
echo.
echo —————————
echo ■□■ 出力形式Menu ■□■
echo —————————
echo 【1】- HTML形式
echo 【2】- HTML形式(テーブル表示)
echo 【3】- csv形式
echo 【9】- 終了
echo —————————
echo.
echo Hotfix(KB)を一覧表示致します。表示形式を選択して下さい。
echo.
echo.
rem 判定キーの初期化
set inp=nul
rem 判定キーを入力
set /p inp=メニューの番号を入力して下さい:
echo.
echo.
echo.
rem 条件分岐
if ‘%inp%’==’1’ goto setup_1
if ‘%inp%’==’2’ goto setup_2
if ‘%inp%’==’3’ goto setup_3
if ‘%inp%’==’9’ goto eof

rem 指定文字以外の入力がある場合は、メニューに戻る
goto Menu

:setup_1
echo —————————
echo HotFixをHTML形式に出力中・・・
echo —————————
rem ホットフィックスをHTMLで保存
WMIC QFE LIST /FORMAT:htable > HotFix.html
echo.
echo HTML形式で出力致しました。
echo.
echo.
echo.
pause
rem Menuへ戻る
goto Menu

:setup_2
echo —————————————
echo HotFixをHTML(テーブル表示)形式に出力中・・・
echo —————————————
rem ホットフィックスをHTML(テーブル表示)で保存
WMIC QFE LIST /FORMAT:hform > HotFix.html
echo.
echo HTML形式(テーブル表示)で出力致しました。
echo.
pause
echo.
echo.
echo.
rem Menuへ戻る
goto Menu

:setup_3
echo ————————–
echo HotFixをcsv形式に出力中・・・
echo ————————–
rem rem ホットフィックスをCSVで保存
systeminfo > Hotfix.csv
echo.
echo デスクトップにCSV形式で出力致しました。
echo.
pause
echo.
echo.
echo.
rem Menuへ戻る
goto Menu

:eof
rem 画面のクリア
cls
exit

 

これで1つ1つパッチ(KB)を確認する事なく一挙に表示できます。

コマンドプロンプトでリダイレクトすればファイルとしても出力が出来るのでWindowsUpdateプログラムなどで不具合が起こった場合は試してみて下さい。

Author