cdaファイルとは?コピーしたCDが再生できない場合の備忘録

Windows

こんばんは、NAOです。CDの音楽ファイルをコピーしても音楽が聴けない事象がありました。拡張子を見るとcdaとなっていてこのファイルについて調べてみた時のメモです。

cdaファイルとは

市販の音楽CDをエクスプローラーなどで開くと、拡張子が.cdaとなっているファイルが表示されます。

cdaファイルはファイルサイズ1KBを見てわかるように音声ファイルそのものではなく、CD内の音声トラック情報を記述してるindexファイルです。

よってcdaファイルをそのままコピーしてもCD内の音声を再生することはできません。

cdaファイルの確認

1.市販CDを入れる > 対象CDドライブを右クリック > 開く

cdaファイル

2.市販CDディスク上のファイルは*.cdaとなっている

3.この拡張子.cdaをコピーしても音声の再生はできません!そこでリッピングというパソコンに取り込み作業が必要になります。

市販CDをパソコンに取込む(リッピング)

1.CDをドライブに入れてWindowsMediaPlayerを開きます。

cdaファイル

2.音声形式の指定は「取り込みの設定タブ」の「その他オプション」から選ぶ。

cdaファイル

3. 音声形式を指定する場合は「音楽の設定」タブをクリック。取り込みの設定を「MP3」に指定する。

cdaファイル

4.「CDの取り込み」をクリック

5.チェックボックスに✔を入れ「OK」を押す。


6.ライブラリに順次取り込んでいくので、取り込みの状態で取込が完了することを確認

音声形式を指定する場合は「取り込みの設定タブ」の「その他オプション」から選ぶ。

7.取り込んだ音楽ファイルの場所を開きMP3になっていることを確認。

8. 取り込んだMP3をCDに書き込んで下記のようになっていれば成功です。

音声ファイルの種類

WAVファイル
無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されていることが多い。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。データの劣化はない。

MP3ファイル
音楽の圧縮形式の1つでもありMPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。
よほど耳が良いか、良い再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。対応している機器が多いので利用しやすい。

WMAファイル
音楽の圧縮形式の1つ。MicroSoftが作成した形式。WMVの音声部分にも使われている。
MP3より高音質とされMP3と同じようにデータは劣化する。
同様に、設定にもよるがWavを10分の1程度くらいに圧縮できる。
MP3ほどではないが対応している機器もあるので、利用しやすい。

CDAファイル
市販の音楽用CDをエクスプローラーなどで開くと、拡張子が.cdaとなっているファイルが表示される。CDAファイルはファイルサイズ1KBを見てわかるように音声ファイルそのものではなく、CD内の音声トラック情報を記述してるindexファイルになる。よってCDAファイルをそのままコピーしてもCD内の音声データコピーをすることはできない。市販CDの音声データをパソコンに取り込むにはWAVやMP3などの音声ファイルに変換する必要がある。
CDやDVDなどの音声・動画データをパソコンに取り込むことをリッピングと呼ぶ。

コピーした音楽ファイルが再生できないなど、取り込む際に困ったら参考にしてみてください。

それではー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました