bat/cmd

AD

年度末や人事異動によるADユーザー追加コマンド 備忘録

年度末の時期になるとやってくるのが人事異動です。新入社員や部署移動などでシステム管理者は、非常に忙しくなります。現在の企業や組織は、ほとんどと言っても良いほどAD(ActiveDirectory)によるドメイン管理をしていると思います。毎年どこにでもある年度末の作業を忘れない為の備忘録になります。
bat/cmd

Windowsドライバ一覧を確認するコマンド備忘録

こんばんは!ドライバについての記事です。Windowsでマウスやキーボードを認識させるにはドライバが必要になります。これらはソフトウェアとハードウェアを繋ぐミドルウェアと呼ばれており、ドライバーは中間に位置するミドルウェアという位置づけになります。ミドルウェアがないとマウスやキーボード、プリンタなど接続が出来ません。
bat/cmd

フォルダを削除するコマンド コマンドプロンプト備忘録

本日は不要なフォルダを削除するコマンドを紹介します。組織内で新規パソコンを配布したときに、初期設定でインストールする際にアプリケーションなどのインストーラーが Cドライブ直下に置いたままになっていました。その不要なフォルダを削除する為のコマンド備忘録です。
bat/cmd

Telnet 接続方法 使い方

Telnet接続の前提条件になります。 機器同士に互いに通信が通ること。 PCでtelnetクライアント機能が有効になっていること。 サーバーやルーター等でtelnetサーバー機能がのサービスが有効になっていること。 WindowsVista以降のOSは機能を有効にしないと使用できません。
bat/cmd

whereコマンド ファイル検索コマンド 使い方

ファイルの文字列を検索するコマンドは、findstrコマンドがあります。こちらは良く使用していたのですが、ファイルを検索するwhereコマンドというのを最近知りました。ファイルを検索するにはwhereコマンドを使用します。whereコマンドはファイル名が思い出せない場合は正規表現(*)を使って検索が可能です。
bat/cmd

Whoami 使い方 コマンドプロンプト備忘録

whoamiは直訳すると私は誰?(Who Am I?)と言う意味になります。現在ログインしているドメイン、ユーザーは誰なのか調べる際に使用できます。コマンドプロンプトでwhoamiと打ちましょう。スペースは入れずにwhoamiと打ちます。
bat/cmd

findstrコマンド ファイルから文字列を検索 エラー抽出バッチ 作成方法

今日は、ネットワーク機器のエラーログを探していましたが大量のログからエラーを見つけるのが苦でした。そんな時に役に立つだろうと思ったのがエラーログ抽出バッチファイルです。サーバー、ネットワークのログは大規模になればなるほど、大量のログからエラーを特定するのがとても大変です。
Backup

robocopy バックアップ 日付でバックアップする手順

robocopyで、[コピー元フォルダ」をバックアップするバッチファイルを作成したとしても単純にrobocopyバッチファイルを実行すると「コピー先フォルダ」を上書きされてしまいます。「コピー先フォルダ」を日付ごとに分けバックアップしたい時の方法です。
bat/cmd

コマンドプロンプト コマンド別名作成 DosKey設定方法 

コマンドプロンプトの入力コマンドに別名をつけられる Doskeyの設定方法になります。例えば「dir /s」というコマンドに対して「ls」というコマンドマクロを設定するには次のように入力します。 doskey ls=dir /s これで「dir /s」に対して「ls」というコマンドマクロが登録されました。
bat/cmd

runasコマンドの使い方 管理者権限でアプリケーションを実行する方法

runasコマンドの使い方 管理者権限でアプリケーションを実行する方法。パソコンの管理者権限は色々なアプリケーションが実行可能ですが、実際の会社だと普段はユーザー権限で仕事をします。管理者権限だと実行不可のアプリケーションの場合、サインアウトして管理者権限で実行しないといけない場合があります。サインアウトが面倒な時に
タイトルとURLをコピーしました