bat/cmd

PSツールの使い方 PSEXECが実行できない 解決方法

PSTOOL コマンド 使い方

こんばんは!本日はWindowsパソコンを操作するPSTOOLというソフトを紹介します。PSツールはMicroSoftがシェアしているフリーソフトとなります。このPSツールをインストールして利用すると通常のコマンドプロンプトで実行できないようなプログラム(遠隔の端末操作等)が利用できます。

PSツールの使い方

PSツールは数種類のツールが含まれておりパッケージとして一括でインストール可能です。今回はPsExecツールを中心にコマンドを紹介します。

パッケージとしてダウンロードできる PsTools suite に含まれるツールは次のとおりです。

PsExec -プロセスをリモートで実行する
Psfile -リモートで開かれたファイルを表示します
Psgetsid -コンピューターまたはユーザーの sid を表示します
Psinfo -システムに関する情報を一覧表示します。
Psping -ネットワークパフォーマンスの測定
Pskill -名前またはプロセス ID でプロセスを強制終了する
Pslist -プロセスに関する詳細情報を一覧表示します。
PsLoggedOn -ローカルにログオンしているユーザーとリソース共有 (完全なソースが含まれているもの) を確認します。
Psloglist -イベントログレコードのダンプ
Pspasswd -アカウントのパスワードを変更する
Psservice -サービスの表示と制御
Psshutdown -シャットダウンし、必要に応じてコンピューターを再起動します。
PsSuspend -プロセスを中断します
Psuptime -前回の再起動以降にシステムが実行されていた時間を表示します (の機能はpsinfoに組み込まれています)。

引用元: MicroSoft

PSツールのインストール方法

①PSツールのダウンロードサイトへ行き、下記画面のダウンロードをクリックします。

PSToolsのダウンロード

②ダウンロードしたZIPファイルを展開するとパッケージが展開されます。そのままフォルダ内のPsExecをクリックしましょう。

PSToolsのダウンロード

③コマンドプロンプトを起動したらcd コマンドを使いカレントディレクトリ移動で、PStoolsのフォルダまで移動しましょう。(下記は例です)

cd c:\users\〇〇\desktop\pstool

コマンドプロンプトを起動後カレントディレクトリ移動をせずPstoolsのコマンドを打つと下記のメッセージが表示されます。

‘psexec’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

④コマンドプロンプトでPSToolsのコマンド(psexec等)を打つと下記のような同意画面が表示されるので「Agree」をクリックしてそのまま続行が可能です。

PSTools 使い方

PSツールの使い方 psexec

psexec 基本的な使い方

psexec 基本構文

psexec -u <ユーザー> -p <パスワード> \\<リモートコンピューター> <コマンド>

psexec ドメイン内のパソコンのIpconfig情報を取得する例

psexec -u west\administrator -p P@$$ \\192.168.0.1 ipconfig

psexec ipconfig

ドメイン内のパソコン(192.168.0.1)に、westドメイン管理者のadministrator権限でアクセスしipconfig結果を取得しています。名前解決が出来るのであればIPアドレスではなくコンピュータ名で指定が可能です。

psexec ドメイン内のパソコンで dir 結果を取得する例

psexec -u west\administrator -p P@$$ \\192.168.0.1 cmd /c “dir c:\”

ドメイン内のパソコン(192.168.0.1)に、westドメイン管理者のadministrator権限でアクセスし”C:¥”フォルダのdir結果を取得しています。名前解決が出来るのであればIPアドレスではなくコンピュータ名で指定が可能です。

psexec dir

psexec バッチファイルをドメイン内のリモート先で実行する例

psexec -u west\administrator -p P@$$ \\192.168.0.1cC:\backup.bat”

psexec バッチファイル実行

ドメイン内のパソコン(192.168.0.1)に、westドメイン管理者のadministrator権限でアクセスし”C:¥backup.bat”を実行しています。アクセス先のパソコンで実行後にバッチファイルは残らないです。名前解決が出来るのであればIPアドレスではなくコンピュータ名で指定が可能です。

psexec ドメイン内のパソコンのコマンドプロンプトでアクセスする

psexec -u west\administrator -p P@$$ \\192.168.0.1 cmd

psexec コマンドプロンプト実行

ドメイン内のパソコン(192.168.0.1)に、westドメイン管理者のadministrator権限でコマンドプロンプトでアクセスしています。コマンドプロンプトでアクセス出来れば色んなコマンドが打てるため調査等に便利です。名前解決が出来るのであればIPアドレスではなくコンピュータ名で指定が可能です。

psexec コマンドで接続が出来ない場合の対応

psexec コマンドでリモート先に接続しようとしても、接続が出来ない場合があります。下記のような画面です。

PSEXEC 接続エラー 失敗

通常通りの正しいコマンドを打っても接続できない場合は、バージョン2.32になってからの不具合のようで、バージョンを落として再ダウンロードするか、または コマンドの前に -i オプションを追加すると問題なく接続できます。下記が -i オプションを追記した場合の例になります。

PSEXEC 失敗 対応

PSツールの使い方 まとめ

Pstoosのかんたんなまとめです。

PSツールの使い方 まとめ
  • PstoosはMicroSoft提供の無料ソフトウェア
  • pstoolsコマンドを使用時はカレントディレクトリを移動する
  • リモートアクセスしコマンド操作やバッチファイル実行が可能
  • psexecが実行できないときは -i オプションをつける

また、リライトします。それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA