PC

pingが通らない!?Windowsファイアウォール ICMP受信設定方法

ping許可 Windowsファイアウォール

こんばんは!入社して間もない時の話ですが、共有フォルダやサーバーにアクセス出来るのに対象のサーバーにPingが通らないということがありました。pingは簡単に言うと「通信が出来ているか?」を確認するコマンドです。

パソコンのIPアドレス設定も大丈夫で、ネットワーク機器(ファイアウォール、L2スイッチ)などの通信も許可されているのに「何故pingが通らないんだぁ!!!」ということに数時間考えてしまったことがあるので備忘録として書きました。

当時は、下記のようにサーバーにping が全く通りませんでした。

pingが通らない

結果から言ってしまうと、パソコン⇔サーバー間のネットワーク機器は全く問題ありませんでした。原因はWindowsサーバーのWindowsファイアウォールの設定による問題でした。

pingが通らない Windowsファイアウォール ICMP受信設定方法

さっそくですが、Pingが通らない原因となったWindowsファイアウォールの設定を紹介します。Windowsファイアウォール設定を確認するのはPingが通らない側の宛先「クライアント」または「サーバー」になります。

下記が手順になります。

①「Windows」キー + 「R」キー でファイル名を指定して実行を開く。firewall.cplと打ち「OK」を押します。

ファイル名を指定して実行 firewall.cpl

②WindowsDefenderファイアウォール画面が開きます。左ペインの詳細設定を開きます。

Windowsファイアウォール ping設定1

③セキュリティが強化されたファイアウォールが開きます。左ペインの「受信の規則」をクリックします。

Windowsファイアウォール ping設定2

④受信の規則一覧の名前から「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv4受信)」 を探します。下記のように名前の左横にチェックボックス✅がついていないとエコー要求は無効となっています。

Windowsファイアウォール ping設定3

「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv4受信)」を右クリックして「規則の有効化」をクリックします。

Windowsファイアウォール ping設定4

⑥下記のように名前の左横にチェックボックスがつきます。

Windowsファイアウォール ping設定5

⑦パソコンから再度pingを飛ばすと下記のようにping疎通確認が出来ました。規則の有効化をした時点で設定はすぐ反映されます。

Windowsファイアウォール ping設定6

検証する場合は、ping -t オプションで無効⇔有効の切替え時に可視化すると解りやすいです。

Windowsサーバー ActiveDirectoryの場合の設定

同じWindowsでもActiveDirectoryなどのWindowsサーバーだと「名前」が違ったりします。Windows Server2019(ドメインコントローラー)の場合、WindowsDefenderファイアウォール 受信の規則 は下記の名前になります。

ActiveDirectoryドメインコントローラー – エコー要求(ICMPv4受信)

こちらも同じように右クリックで「有効化」「無効化」の切替えが簡易的に行えます。

Windowsファイアウォール ping設定7

pingが通らない!?WindowsファイアウォールのICMP受信設定方法

サーバーエンジニアとして入社した当時は、ネットワーク機器は問題ないのに何故Pingが通らないんだ!?何時間も考えていました。

今、同じようなことが起きてもすぐにWindowsファイアウォールの設定かもしれないと思いつきます。

当時は何時間も考えましたが「サーバー」「ネットワーク機器」「クライアント」までの全部の設定を見ないといけないということにその時に実感しました。ネットワーク機器だけ見ていたので視野が狭いということが実感できて良い経験になりました。

pingが通らない時
  1. まずは「ipconfig」コマンドを打ち正しくIP取得できるか?
  2. 「ping」コマンドを打ち疎通ができるか?
  3. 「共有フォルダ」「リモートデスクトップ接続」等のアクセスは可能か?
  4. ネットワーク機器でICMPv4は許可されているか?
  5. Windowsファイアウォールの設定でICMPv4エコー要求が無効化されていないか?
  6. セキュリティソフトなどで除外されていないか?

上記だけでなく、切り分けでたくさん見るところはありますが「ネットワーク機器」「サーバー」「クライアント」のすべての設定を確認し切り分けしましょう!さらにWindowsファイアウォールが原因の場合はログを見ることでエラーが確認が出来ます。下記の記事になります。

それではー

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA