Telnet 接続方法 使い方

telnetbat/cmd

こんばんは!NAOです。今回はWindowsのコマンドプロンプトでリモート接続するTelnetクライアントの接続/使い方の備忘録になります。

コマンドラインで接続する方法といえば、TeraTarmなどのリモート接続ソフトを使用してSSH接続Telnet接続で接続するのが一般的ですがWindowsコマンドプロンプトからTelnet接続する方法をご紹介です。

Telnet 接続方法 使い方

telnetはネットワークに接続された機器を遠隔操作するために使用するコマンドです。
自席にいながら遠隔のマシン室にあるサーバ、ルータ等の機器をパソコン上で操作できます。

Telnet接続条件

下記はTelnet接続の前提条件になります。

  • 機器同士の通信が互いに通ること
  • 接続元のWindows端末でtelnetクライアント機能が有効になっていること
  • 接続先のサーバーやルーター等でtelnetサーバー機能のサービスが有効になっていること

最近のWindowsではTelnetクライアント機能がデフォルト無効になっています。WindowsXPまではデフォルト設定でTelnetが使用できたみたいですが、WindowsVista以降のOSはtelnetクライアント機能を有効にしないと使用できません。

デフォルト設定だと、下記のようにtelnetコマンドを打ってもエラーになってしまいます。

telnet
Telnetクライアント機能が無効の場合

TelnetクライアントがTelnetサーバーに接続する際は、宛先ポート番号にTCPポート23番を使用します。TCPポート23番がWindowsファイアウォールやウイルス対策ソフトで止められている場合もあるので、接続出来ない場合は無効にして切分けをしてみましょう。

Telnet 有効化方法

①Windowsスタート > コントロールパネル > プログラムと機能

コントロールパネル

②左ペインから Windowsの機能の有効化または無効化 をクリックします。

プログラムと追加と機能画面

Telnet Clientのチェックボックスにチェックをつけて「OK」をクリックします。

Telnet Clientのチェック

※WindowsServerだと上記の画面表示と若干異なりますが、同様にTelnet Clientのチェックをして機能を有効化にしましょう。

④下記の画面が表示されたら有効となります。

機能有効化の完了画面

⑤コマンドプロンプトを開き Telnet と打つと下記の画面が表示されます。

telnet

openと打ちます。(to)と表示されるのでサーバー名またはIPアドレスを打ちます。telnet接続中になります。

⑦接続先のログイン情報が求められるので、IDとパスワードを入力しリモート接続完了です。

telnet接続のまとめ

telnet接続は便利なコマンドですが、セキュリティ的には暗号化されておりません。暗号化された接続方法はSSHなのでSSHを使用する場合はTeraTarmなどのソフトを使い接続をしましょう。

Telnet接続できない場合は再度下記の確認をしましょう。

  • 接続元のTelnet機能の有効化
  • 接続先のTelnetサービスの有効化
  • セキュリティソフト、ファイアウォールで止められていないか

それではー

コメント

タイトルとURLをコピーしました