bat/cmd

バッチファイル IPアドレス変更設定方法

こんばんは、今回はIPアドレス設定を切り替える際に一瞬で変更するバッチファイルの紹介です。IPアドレスを検証などで頻繁変える方や手間になる方は、このバッチファイルを用意しておくとIPアドレス設定切り替えの手間が省けます。

バッチファイル IPアドレス設定方法

通常のIPアドレス手動変更

通常の設定変更方法は下記になります。IPアドレスを変更するにはマウスクリックしたり入力したりと意外と手数が多いのです。

  1. Windows起動
  2. スタートボタンをクリック
  3. コントロールパネルをクリック
  4. ネットワークと共有センターをクリック
  5. アダプター設定の変更をクリック
  6. 対象のネットワークを右クリックしプロパティをクリック
  7. インターネットプロトコル(IPv4)のプロパティをクリック
  8. IPアドレスを自動的に取得するを選択しOK
DHCP
IPアドレス DHCP設定

バッチファイルIPアドレス DHCP設定

下記のコードをコピーしメモ帳に貼り付け > 「名前を付けて保存」で拡張子を.batにして保存。

@echo off
netsh interface ip set address “ローカル エリア接続” dhcp
netsh interface ip set dns “ローカル エリア接続” source=dhcp register=PRIMARY

あとはバッチファイルをクリックするだけでIPアドレスがDHCP(自動取得)に変わります。DNS設定も DHCP(自動取得) にしてます。

バッチファイルIPアドレス 固定IP設定

下記のコードをコピーしメモ帳に貼付け > 「名前を付けて保存」 拡張子.batで保存しバッチファイルにします。

@echo off
netsh interface ip set address “ローカル エリア接続” static 172.16.16.101 255.255.255.0 172.16.16.1
netsh interface ip set dns “ローカル エリア接続” static 203.216.70.70
netsh interface ip add dns “ローカル エリア接続” 203.216.71.70

あとはバッチファイルをクリックするだけでIPアドレスが固定IPに変更変わります。DNS設定も固定に設定してます。

これがあればワンクリックでIPアドレスの変更が一瞬で可能になります。今回は単純な固定IPと自動IPのバッチファイルです。

下記のページからバッチファイルでIPアドレスを簡易入力し設定する「応用版_固定IP設定バッチファイル」を紹介しています。

IPアドレス入力バッチ
IPアドレス 簡易入力バッチファイル 備忘録こんばんは、先週パソコンの検証でIPアドレスを頻繁に設定する業務がありました。IPアドレス設定画面を開くのが面倒なので簡易的なバッチファイルでIPアドレスを簡単に設定できるバッチファイルを作成しました。...

それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

SEからの脱出日記 - にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。