windows

WindowsServer2019評価版インストール手順

WindowsServer2019インストール

こんばんは!本日はWindowsServer2019評価版のインストール手順を画面で紹介します。

画面は、Hyper-V上に仮想マシンとしてインストールした時の画面となります。Hyper-Vから構築する方は前々回の「Hyper-V導入方法」から確認ください。

インストール画面自体は仮想マシンでも物理マシンでも変わりません。

物理マシンにインストールする場合は、Windows2019は、一般的に売られている片面一層のDVD(4.7GB)だとファイルサイズが収まりません。もし物理マシンにインストールする場合は、下記のUSBインストール方法をご確認ください。

WindowsServer2019評価版インストール手順

①Windwosの最初のスタート画面です。言語やキーボードを選択しますが、基本的には何も触らず「次へ」で進みます。

②「今すぐインストール」をクリックします。

③「WindowsServer2019 Standard Evalution(デスクトップエクスぺリンス)」を選択し「次へ」

④ライセンス条項は「同意します」に✔をいれて「次へ」

⑤インストールの種類は、カスタムを選びましょう。

⑥Windowsインストールの場所で「ドライブ0の割り当てられていない領域」を選択し「次へ」をクリックします。

⑦Windowsのインストールが始まります。

⑧パスワードを入力し「完了」をクリックします。

⑨これでインストールの完了となります。

WindowsServer2019をインストール後は、構築や検証のテストができます。

評価版の場合ライセンス日数が180日となっています。ライセンス延長は最大5回まで使用できるので約2年半使用できます。ライセンス延長コマンドの手順は下記を参照してください。

Windowsライセンス期間切れるとどうなる?延長コマンドの備忘録こんばんは!Windows評価版やWindowsライセンスが切れてしまった時の為のライセンス延長コマンド備忘録です。魔法のようなコマンドですが延長コマンドはMicrosoftにより実装されています。コマンドプロンプトを開き下記のライセンスリセットコマンドを打ちましょう。...

それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。