IPアドレス 簡易入力バッチファイル 備忘録

IPアドレス入力バッチbat/cmd

こんばんは、先週パソコンの検証でIPアドレスを頻繁に設定する業務がありました。IPアドレス設定画面を開くのが面倒なので簡易的なバッチファイルでIPアドレスを簡単に設定できるバッチファイルを作成しました。

IPアドレス 簡易バッチファイル

決まったIPアドレスを設定するバッチファイルは以前の記事で紹介しました。

このバッチファイルだと瞬時にIPアドレスが変更できるのですが決まったIPだけの変換の為、応用が効きません。そこで今回のバッチファイルは応用が効くように対話式で入力を受付けるバッチファイルです。

IPアドレス 簡易設定 バッチファイル コード

下記のコードをコピペしてすぐ使用できます。

サブネットやデフォルトゲートウェイの値を変えたい場合は下記のコードを変更してください。(サブネットマスクは255.255.255.0で固定、デフォルトゲートウェイは末尾254で固定)

@echo off

rem ————————————————-
rem IPアドレスの設定BAT
rem ————————————————-

rem ————————————————-
rem ■変更箇所■
rem ネットワーク名
set Ntname=”ローカル エリア接続”

rem 固定で割当てるIPアドレス
rem set Ipadd=Ipadd_1.Ipadd_2.Ipadd_3.Ipadd_4

rem サブネット
set Subnet=255.255.255.0

rem デフォルトゲートウェイ
set Dfgy=1
rem ————————————————-

echo ローカルエリア接続に設定するIPアドレスの
echo 値を入力してください
echo.
echo.
set /p Ipadd_1=第1オクテットの値:
set /p Ipadd_2=第2オクテットの値:
set /p Ipadd_3=第3オクテットの値:
set /p Ipadd_4=第4オクテットの値:

rem 入力値の確認
echo ———————————————–
echo ■IPアドレスの確認■
echo.
echo  IPアドレスは[ %Ipadd_1%.%Ipadd_2%.%Ipadd_3%.%Ipadd_4% ]に設定します
echo  サブネットアドレスは[ %Subnet% ]に設定します
echo  ゲートウェイ[ %Ipadd_1%.%Ipadd_2%.%Ipadd_3%.%Dfgy%]に設定します
echo.
echo———————————————–
echo[y]:設定値で設定開始
echo[e]:設定を中止して終了
echo上記以外:設定値修正
echo———————————————–

rem 判定キーの初期化
set Slt=nul

set /p Slt=確認入力:
if ‘%Slt%’==’e’ goto exit-to
if ‘%Slt%’==’y’ goto setup-to
goto Loop

:setup-to
cls
echo 固定IPアドレスを設定します。しばらくお待ちください。

netsh interface ip set add name=%Ntname% source=static addr=%Ipadd_1%.%Ipadd_2%.%Ipadd_3%.%Ipadd_4% mask=%Subnet% gateway=%Ipadd_1%.%Ipadd_2%.%Ipadd_3%.%Dfgy% gwmetric=1
echo.
echo.
echo 固定IPアドレスを設定しました。
rem IPアドレスを表示させる
echo 設定値を確認してください。
ipconfig
pause
goto display
echo.
:exit-to

pause
exit

これで簡単にIP設定画面を開かなくても、IPアドレスを設定することが出来ます。

それではー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました