NW

QX3526 コマンド一覧 備忘録

QXコマンド

こんばんは、今回はNEC製のネットワーク機器 QX のコマンドをまとめました。汎用的なCiscoとは若干コマンドが異なるため、いざという時に忘れないようメモしました。

ネットワークのトラブル時など、いざという時にコマンドを忘れてしまったことがあったので備忘録です。

QX S3526コマンド一覧

特権モードへの切替

<QX-S3526> super [level]
[level] :ユーザレベル(1~3、defaultは3)

コンフィギュレーションモード(System view)への切替

<QX-S3526> system-view
 [QX-S3526] ←プロンプトが変わります。

コンフィギュレーションモードの終了

[QX-S3526] quit またはreturn
 <QX-S3526> ←プロンプトが戻ります。

running-configの確認


<QX-S3526> display current-configuration

コンフィグの保存(flashへ保存)

 <QX-S3526> save

保存したコンフィグの確認

<QX-S3526> display saved-configuration

OSバージョンの確認

<QX-S3526> display version

ルーティングテーブルの確認

<QX-S3526> display ip routing-table

各インタフェースのUP/DOWN状態確認


<QX-S3526> display interface

VLANの確認


<QX-S3526> display vlan

時刻確認


<QX-S3526>display clock

時刻設定

<QX-S3526> clock datetime hh:mm:ss YYYY/MM/DD

障害時の確認

<QX-S3526> display logbuffer

arpテーブルの表示

arpコマンドは、ARP(Address Resolution Protocol)テーブルの表示/設定を行う。
ARPテーブルとは、イーサネット通信のために用いられるIPアドレスとMACアドレスの対照表。

display arp
Type: S-Static D-Dynamic
IP Address MAC Address VLAN ID Interface Aging Type
192168.77.162 cdc5-eef7-8715 1 Eth1/0/2 14 D
192168.77.154 f4ff-eee6-5cf4 1 Eth1/0/4 20 D
192168.77.167 cf44-3abc-7a52 1 Eth1/0/6 14 D
192168.77.151 cf44-3abc-fa3f 1 Eth1/0/9 17 D
192168.77.170 cf44-a2bc-7a53 1 Eth1/0/12 16 D
192168.77.159 cf44-1efb-f117 1 Eth1/0/15 18 D
192168.77.182 00ff-1ree-c134 1 Eth1/0/17 15 D
192168.77.183 00ff-eee9-c123 1 Eth1/0/20 14 D
192168.77.248 1aa3-cfe5-fa2c 1 GE1/0/25 11 D
192168.77.254 6cc0-eea0-1841 1 GE1/0/25 20 D
192168.77.246 1aa5-cfe5-f5ec 1 GE1/0/25 10 D
192168.77.247 1aa5-cfe5-eecc 1 GE1/0/25 9 D
192168.77.117 1aa5-cfe5-e9cc 1 GE1/0/25 8 D
192168.77.155 cf43-1eeb-f736 1 GE1/0/25 13 D
192168.77.132 44aa-ddd0-8513 1 GE1/0/25 20 D

※Interface列 
 Eth1/0/* は接続されているポート 
 GE1/0/25 は間接的に接続されているポート

インターフェース情報の表示

[QX-001-C1]display interface brief
The brief information of interface(s) under route mode:
Link: ADM – administratively down; Stby – standby
Protocol: (s) – spoofing
Interface            Link Protocol Main IP         Description
NULL0                UP   UP(s)    —
Vlan1                UP   UP       192.168.101.251

The brief information of interface(s) under bridge mode:
Link: ADM – administratively down; Stby – standby
Speed or Duplex: (a)/A – auto; H – half; F – full
Type: A – access; T – trunk; H – hybrid
Interface            Link Speed   Duplex Type PVID Description
Eth1/0/1             UP   100M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/2             UP   100M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/3             UP   100M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/4             UP   100M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/5             UP   10 M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/6             UP   10 M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/7             UP   100M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/8             UP   100M(a) F(a)   A    1
Eth1/0/9             UP   100M(a) F(a)   A    1

接続先端末のWakeOnLanが有効になっていたりする場合は10MでLANが点灯します。
LinkがUpかつSpeedが10M になっていたらWakeOnLanが有効になっているはずです。

QX コマンドまとめ

今回はQX-S3526の代表的なコマンドを主に記述しましたが、同じQXでもコマンドが違ったりしますので、より詳細を知りたい場合はメーカーのコマンドリファレンスを参照しましょう!

QXコマンドを駆使してエッジ部分の切り分けをしましょう!

それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。