メールが送れない メールサーバー サイズ確認 Linux Postfix

centos

こんばんは!NAOメールが送れない事象があり対応しましたが、普段Linux普段触らないので備忘録としてまとめました。

メールが送れない メールサーバー確認

Postfixとは?

postfixとは、メール転送エージェント(MTA)と呼ばれる種類のプログラムのひとつです。メールを送信(配送)するときに利用します。

postfixは、UNIX系OS向けに開発/公開されているオープンソースの電子メールサーバソフトウェアです。メール送信(配送)を担当するサーバーを、一般的にSMTPサーバーと呼びます。

MTAはSMTPサーバー内にいるメール転送(配送)プログラムです。 メール転送エージェント(MTA) は主に下記の種類があります。

  • Postfix
  • sendmail
  • qmail

postfixはsendmailと互換性があります。

postfix バージョン確認

RedHat6 , CentOS6以前の確認方法です。

Postconfコマンドはpostfixメールシステムに関するその他の情報を表示します。バージョンを確認するには、postconfコマンドを使います。grepコマンドをパイプで組み合わせて実行します。

$ postconf | grep mail_version
 mail_version = 2.10.1
 milter_macro_v = $mail_name

上記例では、「mail_version = 2.10.1」と表示され、Postfixのバージョンが2.10.1ということが分かります。

postfix デフォルトサイズ値の確認

Postfixの容量制限 (main.cfの設定)
Postfixの設定はmain.cfファイルで設定ができます。メールサーバの運用でトラブルとなるのがメールの上限値の場合が多いです。

main.cf の設定は、デフォルト値が決まっているようです。postconf | grep size_limitコマンドを打ち確認しましょう。

# postconf | grep size_limit 
 body_checks_size_limit = 51200
 bounce_size_limit = 50000
 header_size_limit = 102400
 mailbox_size_limit = 51200000
message_size_limit = 10240000

メールボックスのサイズ は、mailbox_size_limit で確認ができます。デフォルト値でメールボックスの最大容量50MB(51200000)となります。 

メールメッセージサイズの容量は、message_size_limitで確認ができます。デフォルト値で10MB(10240000) で設定されていました。メール送信エラーを無くすためには、上限を変更します。

メールサイズ変更方法

変更は、 /etc/postfix/main.cf を開きます。設定値を手動で入れて、postfix の再起動をすれば反映されます。

(1)/etc/postfix/main.cf に以下追記(または変更)する

message_size_limit = 40240000

(2)サービス再起動をする
main.cfの設定はPostfixを再起動したり、リロードするまで反映されません。

$postfix reload
# service postfix reload
 postfix を再読み込み中: [  OK  ]

(3)変更の反映を確認する

# postconf | grep size_limit 
 body_checks_size_limit = 51200
 bounce_size_limit = 50000
 header_size_limit = 102400
 mailbox_size_limit = 51200000
message_size_limit = 40240000

以上で完了です。設定変更後、反映されているかメール送受信テストをして確認しましょう。

また変更の際は、慎重に行ないましょう!

それではー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました