887095467
PC

QRコードの作成方法について調べてみた

こんばんは!先週、仕事でサイトのQRコードを作成して会社の広報紙へ貼り付けるという作業を頼まれました。やったことないけどQRコードってどうやって作るんだろう?と思って調べてみました。

QRコードの作成方法について

QRコードの作成方法

QRコードはスマートフォンなどで読み取ることでサイトを閲覧したり、情報共有や受け渡しを簡単にするための便利なツールです。利用者として使ったことはありますが自分で作成したことはありませんでした。

まず最初に、QRコードを作成する目的と用途を明確にしましょう。QRコードに埋め込む情報やリンク先、提供する価値などを考えることが重要です。

以下に、QRコードを作成方法について説明します。

QRコード生成サイトやアプリの選択

QRコードを作成するためには、QRコード生成サイトやアプリを利用することが一般的です。無料または有料のサイトやアプリが数多く存在します。代表的なQRコード生成サイトには「QR Code Generator」「QRのススメ」「Kaywa」などがあります。また、QRコード生成アプリとしては「QR Code Generator」「QR Droid」「QR Creator」などが利用できます。自分のニーズに合ったサイトやアプリを選びましょう。

QRコードに埋め込む情報を決定する

QRコードにはさまざまな情報を埋め込むことができます。ウェブサイトのURL、テキストメッセージ、電話番号、メールアドレス、連絡先情報など、用途に応じた情報を選択しましょう。QRコード生成サイトやアプリには、それぞれの情報タイプに対応したオプションが用意されています。

QRコードの作成方法

一部のQRコード生成サイトやアプリでは、いくつかの設定とデザインの選択が可能です。QRコードのサイズや解像度などが調整できます。サイトによってはQRコードのデザインをカスタマイズすることもできます。ロゴの追加などQRコードを目立たせるデザイン要素を検討しましょう。

QRコードの生成と保存

設定が完了したら、QRコードを生成しましょう。大体のQRコード生成サイトやアプリでは、2ステップで作業が完了します。

  1. URLなど必要情報を入力
  2. 生成ボタンをクリックすることでQRコードが作成
  3. 生成されたQRコードをダウンロードまたは保存します。

画像ファイルとして保存する場合は、適切なフォーマット(JPEG、PNGなど)と解像度を選択しましょう。

①URLを入力し「作成」ボタンを押す

QRコードの生成

②QRコードのサイズ等のデザインを調整し「ダウンロード」または「保存」します。

QRコードの生成

QRコードのテストと確認

生成したQRコードを実際にテストして確認しましょう。スマートフォンやタブレットのカメラアプリやQRコードリーダーアプリを使用して、QRコードが正しく読み取れるかどうかを確認します。読み取りが成功し、埋め込んだ情報が適切に表示されることを確認しましょう。

以上がQRコードを作成する方法の概要です。QRコードは情報共有やマーケティング戦略に効果的なツールですので、目的や用途に応じて適切に活用してください。

QRコード作成する方法 まとめ

作成したQRコードを宣伝物、商品パッケージ、チラシ、ビジネスカードなどさまざまな媒体に配置して配布しましょう。また、ウェブページやソーシャルメディアの投稿にもQRコードを埋め込むことができます。QRコードの利用方法を明示し、読者や顧客にQRコードの活用を促しましょう。それではー!

良ければ過去記事も見てみてください↓

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA