WEB

サーバー移管方法 お名前ドットコムからコノハウイングへの移管

コノハウイング サーバー移管方法

こんばんは!わたしは現在ブログサイトを複数個所有しています。その複数ブログはレンタルサーバー会社2つで契約しております。お名前.comレンタルサーバーConoHa WING のレンタルサーバーを借りて契約しています。

元々、ブログを始めたときはお名前ドットコムでドメインを取得し、その流れでお名前ドットコムの共用サーバーを契約しました。このたび、二重管理の二重支払いがめんどうなためお名前ドットコム共用サーバーで運営している当ブログをコノハウイングレンタルサーバーへ移管することにしました。

エラー等が出て中々、前進できずにいたのですがなんとか出来たため備忘録として残します。数々のエラーにつまづいた点を参考にしていただければ幸いです。

サーバー移管方法 お名前ドットコムからコノハウイングへの移管

今回のサーバー移管は下記のような形になります。お名前.com レンタルサーバーで管理していたブログ「nw.engineer.work」のデータをコノハウイングのレンタルサーバへ移管します。(WordPress,DB,画像などのリソース移管)

ブログ サーバー移管

ちなみにドメイン移管は後ほど行おうと思っているので、ドメインを管理しているネームサーバーは下記の形でしばらく運用します。今回行なうのはドメイン移管ではなくサーバー移管の方法になります。

サーバー移管 ネームサーバー設定

移行元の事前準備 お名前ドットコム

移行元のWordPressで一部のプラグインが有効になっていたり二段階認証ログインをしている場合は、移管が失敗するようです。対象のプラグインがある場合は、事前にプラグインは無効にしておきましょう。

以下のサイトは移行できません。

・ WordPressのバージョンが3.8.5より古いサイト

・ PHPのバージョンが5.3より古いバージョンを利用しているのサイト

・マルチサイト機能を使用したWordPress

・ダッシュボードログイン時に二段階認証(ロボット認証)を行っているサイト

・プラグインインストール時にFTP情報を必要とする設定のWordPress

・WordPress.comからの移行

・ダッシュボードから画像投稿が出来ないサイト

引用元: コノハウイング

移行元のサイトにて以下のプラグインを利用している場合にエラーとなる可能性がございます。

・Yet Another Related Posts Plugin

・WassUp Real Time Analytics

・WordPress Popular Posts

・wp slims stat

・Broken Link Checker

・count per day

引用元: コノハウイング

私は、「Broken Link Checker」「Site Guard Wp Plugin」を利用していたため一旦無効化しました。またhttps化するプラグイン「Really Simple SSL」も無効化しサイトをhttpにしました。

移行先の準備 コノハウイング

ドメイン追加

サーバー移管する前に、移行先のコノハウイング側でドメインを追加しておきます。特にドメイン変更がなければ、移行元と同じドメイン名で大丈夫です。

移行先のコノハウイングコントロールパネルにログインします。

(1)画面上部の「WING」をクリック > 「サーバー管理」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

(2)「ドメイン」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

(3)画面右上の「+ドメイン」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

(4)「新規ドメインを追加」を選択し「ドメイン名」を入力します。入力が完了したら「完了」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

今回は無料独自SSLは「利用しない」にしてサーバー移管をしています。もし無料独自設定を行なう場合は「利用する」に設定してください。サーバー移管が出来た後でも無料独自SSLの設定は変更ができます。

(5)下記のようにドメインが追加され、しばらくすると「稼働中」となりドメイン追加が完了です。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

WordPressかんたん移行方法

①コノハコントロールパネルにログインします。「WING」をクリック > サイト管理をクリック

コノハウイング サーバー移管 設定方法

②「サイト設定」 > 「WordPress」タブをクリックします。 

コノハウイング サーバー移管 設定方法

③「+WordPress」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

④下記の項目を入力していきます。入力完了したら「保存」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

移行元URLは、サイトURLではなくWordPressのURLです。移行元WordPressの設定 > 一般設定 > WordPress アドレス (URL) の欄に記述されています。

⑤下記のようにステータスが「移行中」に変わります。容量によっては完了まで数十分かかります。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

⑥下記のようにステータスが100%になれば完了です。そのまま下部の「本番移行」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

⑦本番移行を実行しますか? と聞かれるのでパスワードを入力し「保存」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

⑧そのまましばらく待つと、本番環境も実行されてステータスが「稼働中」となります。

コノハウイング サーバー移管 設定方法

以上の設定で「お名前ドットコムのレンタルサーバーのデータ」が「コノハウイングのレンタルサーバーのデータ」へコピーされました。

ネームサーバーの設定変更

上記までの作業でコノハウイング側へのデータのコピーは完了しました。しかし、これだけではサイトにアクセスした時はお名前.com レンタルサーバー内にあるデータを閲覧していることになります。

コノハウイング ネームサーバー設定方法

そこで変更する値が、お名前ドットコム側のネームサーバー設定になります。ドメインのネームサーバー設定でコノハウイングのネームサーバーに変更します。下記から設定手順になります。

①コノハウイングにログインします。 > 「Wing」 > 「DNS」 > 対象ドメインを選択し NSサーバーが3つあるので値をメモしておきます。

コノハウイング ネームサーバー設定方法

②次にお名前ドットコムにログインします。 > ドメイン > ネームサーバーの設定をクリックします。

コノハウイング ネームサーバー設定方法

③ドメインの選択で対象のドメイン名をクリックします。例ではこのサイトnw-engineer.workを選択しています。

コノハウイング ネームサーバー設定方法

④ネームサーバーの選択で「その他のサービス」 > 「その他のネームサーバーを使う」にチェックをします。 > コノハウイングのネームサーバーをを入力します。 > 確認をクリックします。

コノハウイング ネームサーバー設定方法

⑤下記の確認画面で問題ないことを確認し「OK」をクリックします。

コノハウイング サーバー移管方法

設定反映まで24時間~72時間かかる場合があります。私の場合は18時間ほどで設定が反映されました。

ネームサーバー設定完了後の確認

ネームサーバーが設定完了したかどうかはURLにアクセスすることで確認が出来ます。コノハウイングの管理画面にログインしましょう。

①「サイト管理」 > 「サイト設定」 > 「Wordpress」 > 「対象のサイト」をクリック > サイトURL と 管理画面URLが表示されるので クリックします。

コノハウイング サーバー移管方法

それぞれ下記のサイト表示されれば移行は問題なく終わっています。

  • サイトURL  ・・・ WordPressトップ画面が表示
  • 管理画面URL ・・・ WordPressログイン画面が表示

サイトをhttpsに切り替える

コノハウイングの場合、無料独自SSL機能があり「ON」にすることでサイトがhttps化されます。

①「サイト管理」 > 「サイトセキュリティ」 > 「独自SSL」 > 「無料独自SSL」をONにします。

コノハウイング サーバー移管方法

無料独自SSLを「ON」にした後は設定が反映されるまで数十分かかります。

サーバー移管方法 お名前ドットコムからコノハウイングへの移管

サーバー移管が完了したら、移管の際にOFFにしたプラグインなどをONにして問題がないか確かめましょう。これで数日間運用してみて問題なければ移行元のデータを削除して契約も解除することが出来ます。誤ってデータを削除したり勘違いしたりすると戻らない恐れがあるので慎重に行ないましょう!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA