TeraTermマクロ 作成方法 Telnet でConfig取得 

NW

こんばんは!NAOです。今回はTeraTermというソフトを使用してSW(L2)のConfigを自動取得する方法です。

TeraTermは遠隔でIPアドレスを指定しCLI(コマンドライン)でログインする事が出来るソフトです。L2スイッチへ自動ログイン~Config取得~ログ出力までを自動化した時の備忘録です。

TeraTermマクロ 作成方法

TeraTermマクロを作成するとワンクリックでリモート接続→ログイン→コマンド入力→ログ出力→ログアウトまで一瞬で終わります。

TeraTermマクロ Config取得コード例

マクロを作成するには、メモ帳に下記のコードを貼り付けます。保存するときは拡張子.ttlで保存し完了となります。

;============================
; Filename : 192.168.1.1ログ取得.ttl
; Description : telnet Auto login
; Author : name
; Created : 2019/09/01
;============================
;; 接続先サーバ・ユーザ名・パスワード設定
username = ‘admin‘ ; ログインに使用するユーザー名に書き換える
HOSTADDR = ‘192.168.1.1‘ ;接続するサーバーのIP/サーバー名に書き換える
PASSWORD = ‘password
;
;;ログ取得場所設定
LOGSPATH = ‘C:\Backup\
;============================
;
;; ①コマンド組立
COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ‘:23 /nossh /T=1’
strconcat COMMAND username
strconcat COMMAND ‘ /passwd=’
strconcat COMMAND PASSWORD
;
;
;;②ログ名の決定
getdate LOG_NAME ‘TEST-QX_&h.log
FULLPATH = LOGSPATH
strconcat FULLPATH LOG_NAME
;
;
;;③サーバ接続
connect COMMAND
;
;
;;④ログイン情報応答(ユーザ名・パスワード)
wait ‘login:’
sendln ‘admin’
wait ‘Password:’
sendln ‘password’
wait ‘TEST-QX#’
sendln ‘conf t’
wait ‘TEST-QX(config)#’
sendln ‘terminal length 0’
wait ‘TEST-QX(config)#’
;
;;⑤ログ取得命令
logopen FULLPATH 0 0
pause 2
;
sendln ‘show run’
wait ‘TEST-QX(config)#’
sendln ”
sendln ”
sendln ”
pause 2
;
;
sendln ‘show log’
wait ‘TEST-QX(config)#’
sendln ”
sendln ”
sendln ”
pause 2
;
;
;;⑥ログクローズ
logclose
;
;
;;⑦マクロ終了
wait ‘TEST-QX(config)#’
sendln ‘exit’
wait ‘TEST-QX#’
sendln ‘exit’
;
;
;;⑧TeraTarm終了
closett
;
end

TeraTermマクロ 修正するには?

コピペしても意味が解らないと修正出来ないので簡単に、コマンドの説明をします。

;(セミコロン) = コメントする

wait ‘〇〇’= 〇〇の文字列のプロンプトを待ちます。

pause 2  = 2ミリ秒待ちます。

sendln ‘●●’ = ●● の文字列のコマンドラインを送ります。

sendln ” = 改行のコマンドラインを送ります。

※sendln ” の’’はダブルクォテーションではありません。シングルクォテーションが2つです。

TeraTermマクロ 作成のコツ

TeraTermマクロを作成するには、一度手動でログインしてプロンプト表示をイメージします。

下記のスイッチログイン後の「手動ログインの場合」と「TeraTermマクロ記述の場合」の番号を照らし合わせるとマクロ記述方法がイメージしやすいかと思います。

手動ログインの場合

  1. リモート接続後にlogin:という文字列が表示される。
  2. adminと打つ。
  3. IDを入力したらPassword:が表示される。
  4. パスワードを打つ。
  5. 正しければプロンプトTEST-QX#と表示される。
  6. コンフィグレーションモードログインの為conf tと打つ。
  7. TEST-QX(config)#と表示されます。

TeraTermマクロ記述の場合

  1. wait ‘login:’と記述する。
  2. sendln ‘admin’と記述する。
  3. wait ‘Password:’ と記述する。
  4. sendln ‘password’と記述する。
  5. wait ‘TEST-QX#’ と記述する。
  6. sendln ‘conf t’と記述する。
  7. wait ‘TEST-QX(config)#’と記述する。

このように、プロンプトに出てくる文字列と打ちたいコマンドを記述しながらTeraTermマクロを作成します。

TeraTermマクロは定期作業などの場合は非常に便利なツールになりますのでぜひ活用してみてください。

それではー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました