Excelショートカットキー操作の備忘録

Office

こんにちは!NAOです。今日はExcelを使用していると役に立つ便利ショートカットキーについてまとめました。この操作でExcel操作が3倍以上速くなります。

個人的に便利なショートカットキーは太文字にしています。

是非覚えて、Excelマスターになりましょう!

Excelショートカットキー操作 一覧

ショートカットの方法は、Excel上でキー1を押し続けたままキー2、キー3と通していきましょう。空白は押さなくても大丈夫です。

 項目
キー1
キー2
キー3
付の入力
Ctrl 
時刻の入力
Ctrl 
グラフの作成
(表を選択後)
f11  
新規シートの追加
Ctrl  
セル内で改行
AltEnter 
表全体を選択する
CtrlShift
複数のセルに同じ内容を入力する
Ctrl  
文字の入力をする
f2  
上のセルと同じ内容を入力する
CtrlD 
左のセルと同じ内容を入力する
CtrlR 
SUM関数の入力
AltShift=
右のセルに移動
tab  
左のセルに移動
tabShift 
上のセルに移動
shiftEnter 
連続セルの同時選択
shift→(矢印) 
同列の文字をリスト化
Alt 
列全体を選択
CtrlSpace 
行選択
ShiftSpace 
最初のデータに移動する
CtrlHome 
最後のデータに移動する
CtrlEnd 
データ入力範囲の右下まで移動する
CtrlShiftEnd
文字の検索
CtrlF 
文字の置換
CtrlH 
太字にする・太字を解除する
CTRL 
斜体にする・斜体を解除する
CTRL 
下線を引く・下線を解除する
CTRL 
桁区切りスタイルを設定する
CTRLSHIFT
通貨スタイルを設定する
CTRLSHIFT
%スタイルを設定する
CTRLSHIFT
罫線を設定(外枠)
CTRLSHIFT
「セルの書式設定ダイアログ」を表示させる
CTRL1 
「スタイルダイアログ」を表示させる
ALTSHIFT
「標準」の表示形式を設定する
CTRLSHIFT~
「時刻」の表示形式(hh:mm、24時間表示)を設定する
CTRL 
「日付」の表示形式(yyyy/mm/dd)を設定する
CTRLSHIFT#
「指数」の表示形式(小数点以下桁数2桁)を設定する
CTRL 
全ての罫線を削除する
CTRLSHIFT_(アンダーバー)
取消し線を引く・取消し線を解除する
CTRL5 
行を非表示にする
CTRL9 
非表示の行を表示する
CTRLSHIFT
列を非表示にする
CTRL0 
非表示の列を表示する
CTRLSHIFT
ワークシート全体を選択する
CTRL 
列全体を選択する
CTRLSPACE 
行全体を選択する
SHIFTSPACE 
アクティブセルを含んだ表範囲を選択する
CTRLSHIFT:(コロン)
範囲選択を解除する
SHIFTBackSpace 
選択範囲を上下左右に拡張する
SHIFT方向キー 
選択範囲を行の先頭まで拡張する
SHIFTHOME 
選択範囲をワークシートの先頭セルまで拡張する
CTRLSHIFTHOME
選択範囲をデータ入力範囲の右下隅セルまで拡張する
CTRLSHIFTEnd
選択範囲をデータ入力範囲の上下左右端まで拡張する
CTRLSHIFT方向キー
選択範囲を1画面下まで拡張する
SHIFTPageDown 
選択範囲を1画面上まで拡張する
SHIFTPageUp 

全部覚えるのは大変ですが、自分にとって役立つ順から覚えて行った方が良いので好きなショートカットキーから覚えて行きましょう。

それではー

コメント

タイトルとURLをコピーしました