PC

Windows10 仮想デスクトップ機能  使い方

こんばんは!本日は、Windows10の仮想デスクトップのショートカットキーをご紹介です。

Widows10を今まで散々触りましたが、私も最近知った機能です。しかし、前からあった機能で全然知らなかったので備忘録として残します。

あまり頻繁に仮想デスクトップ機能を使っている人はいないようですが、覚えると便利だったので私は多用しています。

Windows10 仮想デスクトップ機能 使い方

Windows仮想デスクトップを開く

ページやフォルダを沢山開いていて作業途中に、他の仕事が入ったり、電話の問合せがあった場合は、更にフォルダやファイルを開いてしまうと数が多くなり訳が解らなくなってしまいます。

フォルダやファイルを沢山開いたデスクトップ画面

そのような場合になった時は新しく仮想デスクトップを開いて、仮想デスクトップ画面で問合せ対応が出来ます。仮想デスクトップを開くショートカットキーは下記です。

Windowsキー + Ctrlキー + Dキー

このキーを使用することで新しく仮想デスクトップを開くことが出来て急な作業も効率よく作業が進められます。

新しく開いた仮想デスクトップ画面

仮想デスクトップは複数個開くことが出来ます。

仮想デスクトップを新しく開いた際に元の画面が消えたわけではないです。仮想デスクトップを切り替えるのは下記で紹介します。

Windows仮想デスクトップをスイッチ

仮想デスクトップを複数個開くと、仮想デスクトップ画面を変更したり元の画面に戻りたい場合があります。仮想デスクトップを変更しましょう。

仮想デスクトップを変更するのは下記のショートカットキーです。

  • Windowsキー + Ctrl + →
  • Windowsキー + Ctrl + ←

このキーを使用することで開いている仮想デスクトップを変更することが出来ます。

仮想デスクトップ切替えのイメージ

そのほか、Windowsキー + Tab でも下記の画面のように開いているデスクトップが表示されるので選択して画面を切り替えることが出来ます。

仮想デスクトップ開く
Windowsキー + TABキーを押した画面

Windows仮想デスクトップを閉じる

用の済んだ仮想デスクトップは閉じておくと良いでしょう!

下記のキーで開いた仮想デスクトップを閉じることが出来ます。

Windowsキー + Ctrlキー + F4キー

全ての仮想デスクトップを閉じたか目視で確認したい場合は、先程紹介したWindowsキー+TABキーを押して確認しましょう。下記の「新しいデスクトップ」表示がされていれば、他に仮想デスクトップは開いていないと確認できます。

以上、Windows10 便利な仮想デスクトップのショートカットキーでした!

それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。