Kernel Power 41 エラー対応方法とは? | SEからの脱出日記 サーバー ネットワーク パソコン備忘録
PC

Kernel Power 41 エラー対応方法とは?

KernelPower 41

こんばんは!本日はパソコンやサーバーの電源が勝手に落ちたりブルースクリーンになったりする事象がありました。イベントビューアーからエラーの原因を調べてみると、重大なエラーがあったのでその時に対応した方法です。

Kernel Power 41とは

イベントビューアーから電源が落ちた時間を調べてみると、Kernel Power(カーネルパワー)という重大なエラーが発生していました。イベントビューアーからエラーを調べる方法は過去の記事から確認できます。

shutdown
Windows起動時間とシャットダウン時間を調べる方法 備忘録サーバーエンジニアならWindowsサーバーの電源を落としたり再起動したりする機会があるかと思います。例えばメンテナンス、停電作業、不具合時、設定反映の時にサーバーのシャットダウンや再起動があるかと思います。その時にサーバーシャットダウン時間をメモするのを忘れた!どのサーバーを何時、再起動したかを忘れたという事がある…...

イベントビューアーから重大なエラーをフィルターして調べてみると、突然落ちた時間にはイベント名「Kernel Power」 イベントID:41 が表示されていました。

このKernel Powerというエラーは何なんだと調べてみると、有名で厄介なエラーであることがわかりました。このエラーはKernel Power 41病と呼ばれることもあり様々な要因が重なって出るエラーでした。1度発生すると、PCが強制終了したりフリーズしたりする恐ろしいエラーです。

Kernel Power 41病の考えられる原因
  • 電源供給が足りていない
  • デバイスドライバーの互換性に問題あり
  • BIOSのバージョンが古く問題あり
  • セキュリティソフトの不具合
  • ハードウェア(マザーボード、メモリ、HDD等)の接触不良
  • ハードウェア(マザーボード、メモリ、HDD等)の故障

Kernel Power 41 治った事例

私は、今回のKernel Power 41がパソコンの電源供給不足だと予測しました。パソコンと複合機が同じ電源コンセントから延びていたため、電源を分けて数日間の間様子を確認してみました。すると、パソコンの電源は落ちなくなりKernel Power 41のエラーも出なくなりました。様々な要因があるこのKernel Power 41ですが、電源が原因であることが多いようです。

パソコンの初期設定だと電源オプションのハードディスクの省電力設定などが有効になっている場合が多いのでごく稀に電源供給不足でKernel Power 41が発生することがあります。

過去4回、このエラーに遭遇しましたが2回とも電源供給不足が原因でした。しかし残りの2回は電源でもなく解決できずに泣く泣くパソコンの初期化をしたのでこのエラーは、あまり見たくないエラーです。

Kernel Power 41のまとめ

パソコンが急に落ちたり、ブルースクリーン画面になったときはまずログを見ましょう!Kernel Power41は恐ろしいエラーです。適切に切り分けをして私みたいに初期化しないようにしましょう!

パソコンの電源が落ちたりブルースクリーンになった場合
  1. イベントビューアーからログを見る
  2. ログからKernel Power 41の確認
  3. 電源の供給不足を疑ってみる
  4. 電源コンセントを分けてみる

上記でもダメな場合は、BIOSを最新バージョンにしたり、デバイスドライバーを最新バージョンにしてみましょう。ウイルス対策ソフト等も疑って色んな原因を試行錯誤してみましょう!それでも駄目なら最終手段のパソコンの初期化になるかもしれません・・・

それではー!

BIOS設定
BIOSとは?システム備忘録 こんばんは!システム関連の会社にいる人は解るかもしれないBIOSについての備忘録です。 BIOSとは? BIOS読み方はバ...
ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

SEからの脱出日記 - にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA