Excel

CSVファイルとは?CSVとExcelの違いについて

CSVとExcel違い

こんばんは!本日「CSVファイルというものは何ですか?」という質問を受けました。なんとなくCSVファイルについてわかっていたつもりでしたが直球で聞かれると、うまく答えられなかったので調べてみました。

CSVファイルとは?

CSVは(Conma Sepaletor Value)の略です。直訳するとカンマで値を区切るという意味です。拡張子は.csvになります。

CSVファイルはメモ帳で閲覧することが可能です。そのほかExcelと互換性があり、Windowsで閲覧するとExcelで開くことができます。

csvファイルをExcelで開いた場合

CSVファイルをメモ帳で開いた場合

①csvファイルを右クリック > 編集をクリック

②下記のようにメモ帳で開くことが出来ます。

CSVとExcelの違い

拡張子csvのファイルは、Excelのように計算式を入力したり文字を加工したり色を付けたり装飾することはできません。

CSVファイルをExcelで開いた場合、計算式を入力したり文字を装飾して保存自体は出来ます。しかし再度開きなおすと計算式や文字の装飾は消えてしまいますので気を付けましょう。

CSVファイルの用途について

CSVファイルよりExcelの方が、便利だと思うかもしれません。しかし、CSVファイルはデータをインポートしたりエクスポートする場面がよく使われます。サーバー等で扱うファイルとしては利便性がよいため現在でも良く使用されています。

各ソフトウェアでのデータの移動が可能

各組織では、使用しているサイトやソフトウェアやメールがバラバラだと思います。csvファイルがあると共通で対応している形式になることが多いです。csvファイルのインポート、エクスポートでデータの移行が容易になります。

共通で対応している形式は、業者によってはレイアウトと呼んだりします。ソフトウェアやデータベースによって列数が決まっています。レイアウトを同じようにすると、各ソフトウェア間でのデータを移行が容易になります。

一般的にレイアウトとは、割付けをすること。また一般に、物の配置・配列をすることを指します。

メールの移行 CSV

例:A社ではGmailを使用しているが、来年度よりOutlookメールを使用する。

  1. Gmailの連絡先をCSVファイルとしてエクスポート(出力)します。
  2. エクスポートしたCSVファイルは、一度デスクトップ等に保存する。
  3. OutlookでCSVファイルをインポート(入力)します。

これだけで違うソフトウェア間でも、データの移行が容易になります。

【まとめ】CSVファイルとExcelファイルの違い

csvとExcelの違い
  1. CSVファイルはメモ帳とExcelで開くことができる
  2. CSVファイルは文字の装飾、計算式等の入力ができない
  3. CSVファイルは異なるサーバー間でデータ移行ができる共通の様式
ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

SEからの脱出日記 - にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA