bat/cmd

シャットダウンが出来ない 電源を落とす方法

シャットダウンコマンド

こんばんは、今回はシャットダウンコマンドについての備忘録です。パソコンのシャットダウンを押してもシャットダウンが出来ない時にこのコマンドが役に立ちます。遠隔でパソコンをシャットダウンするときなどに約立ちます。

シャットダウンコマンド オプション

コマンドプロンプトによるシャットダウンコマンドはshutdownになります。

shutdownコマンドには主に「シャットダウン」「再起動」のどちらかを実施したいときに使います。

シャットダウン or 再起動

  • ‐s 完全にシャットダウン
  • ‐r 再起動

コマンド例: シャットダウンをする

shutdown -s

コマンド例: 再起動をする

shutdown –r

このコマンドを実施することで1分以内に「シャットダウン」or「再起動」します。

秒数を指定してシャットダウン

秒数を指定する方法は-tオプションを使います。

  • ‐t 秒数指定

コマンド例: 10分後にシャットダウンをする

shutdown -s -t 600

コマンド例: すぐシャットダウンをする

shutdown -s -t 0

遠隔のパソコンをシャットダウン

パソコンを指定してシャットダウンする方法は-mオプションを使います。Ping疎通が確認できる範囲や同じドメイン名なら遠隔でのシャットダウンが可能です。セキュリティで制限がかけられてなければ shutdown -m オプションで遠隔でコマンドが遅れます。

  • ‐m PC名

コマンド例: PC名「PC-X100」シャットダウンをする

shutdown -s -m ¥¥PC-X100

メンテナンスなどで、すぐさま再起動したい場合も同様に使用できます。

コマンド例: PC名「PC-X100」即再起動をする

shutdown -r -t 0 -m ¥¥PC-X100

シャットダウンコマンドまとめ

  • GUI操作などでシャットダウンが効かない時はコマンドで実施
  • すぐさま操作を実施したいときは-t 0 オプションを使用
  • 遠隔でシャットダウンしたい場合は‐mオプションを使用

シャットダウンされた時間を調べるには下記の記事からご覧ください。

それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

SEからの脱出日記 - にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。