バッチファイル処理中のコマンドプロンプトを非表示にするVBS作成 備忘録

vbs_bat非表示bat/cmd
vbs_bat非表示

こんばんは!NAOです。バッチファイルで処理中のコマンドプロンプトを非表示にするためのVBSを作成した備忘録です。

バッチファイルなどを実行すると処理中は黒い画面が出ます。自分で作業するだけなら良いですがシステム管理者はパソコン利用者側に黒い画面処理をあまり見せたくない場合もあります。

そこでコマンドプロンプト非表示VBSです。

バッチファイル処理中のコマンドプロンプト

①バッチファイル作成

1.メモ帳を開きます。

2.下記のコードをコピーします。

start http://www.google.com

3.メモ帳に貼り付けます。

test.batの中身

4.名前をつけて保存します。(ファイルをバッチファイルとして保存)

robocopy_text
拡張子.batとして保存する

5.バッチファイルの完成

バッチファイル

6.バッチファイルを実行

バッチファイルクリック後、処理の間コマンドプロンプトが表示されます。この場合はhttp://www.google.comを開く命令をし一瞬で閉じますが、copyコマンドなどコマンド処理が長い場合は処理中ずっと表示されます。

この黒いプロンプト処理画面を非表示にしたい場合は、下記のVBS非表示バッチを作成します。

②コマンドプロンプト非表示 VBS作成

1.メモ帳を開きます。

メモ帳

2.下記のコードをコピーします。(指定のバッチファイル名はtest.bat)

Set ws = CreateObject(“Wscript.Shell”)
ws.run “cmd /c test.bat“, vbhide

3.メモ帳に貼り付けます。

メモ帳に貼り付け

4.名前を付けて保存します。(ファイルをVBSファイルとして保存)

[ファイル名]拡張子はvbs
[ファイルの種類]すべてのファイルを選択 

5.VBSが完成

6.VBSをクリックすると、バッチ処理中は非表示する設定なので、黒い画面は表示されなくなります。

システム管理者が社内でバージョンアップなどをしたい場合など、こっそりコマンドプロンプトなどで処理させたい場合は便利なvbsです。

もし使う機会があったら使ってみてください。

それではー

コメント

タイトルとURLをコピーしました