Office

winmail.dat とは?ファイルを開く方法

winmail.dat

こんばんは!今日は、メールでwinmail.datというファイルが送られてきました。

しかし、メールの添付ファイルが閲覧が出来ずどうやって見れるのかを調べました。winmail.datを開く時に調べた備忘録です。

Winmail.datとは?

Winmail.datのファイルを受信する時はOutlookのメールソフトを使用すると発生しやい事象のようです。

Outlookでは、リッチテキスト形式でメールを送信すると独自の形式のTransport Neutral Encapsulation Format (TNEF)形式でエンコードします。

Outlookからリッチテキスト形式で送信されたメールを受信したりすると添付ファイルが消えたり「winmail.dat」というファイルが添付されたりすることがあります。

リッチテキスト形式(HTML形式)とは、メールの文章内で文字を大きくしたり、文字色を付けて装飾することの出来る形式です。

この現象が起きる要因としては、送信者がMicroSoftのOutlookというメールソフトでリッチテキスト形式(HTML形式)のメールを送信し、受信者がOutlook以外のメールソフトだとこの事象が良く発生します。

MicroSoftのOutlookメールは、添付ファイルとメールの装飾情報をWinmail.datというファイルにひとまとめにして送信します。受信した側はWinmail.datを元通りの形に戻るような仕組みになっています。

ただし、毎回そうなるわけではなくOutlook の仕様ですので対処が出来ません。

もし、すべてがOutlookのメールソフトなら、こういった事象はおきないでしょう!

Winmail.datを開く対処方法

①送信者にテキスト形式のメールで送付してもらう

・リッチテキスト形式で送信すると、この事象が発生するのでテキスト形式に変換して送信してもらう。

②送信者に別のメーラーから送付してもらう

・Outlook以外のメールソフトから送信することでこの事象は防げます。

③フリーソフトで開く

Winmail Openerというビューアーソフトをインストールすれば閲覧が可能です。窓の杜などでダウンロードが可能です。

④変換できるフリーサイトにアップロードし開く

・機密文書などは、アップロードしない方が良いでしょう!

⑤別のWEBメールに転送する。

・GmailやYahoomailやスマホのメールに転送します。そうすると見れなかったメールが見れるようになれます。

Winmail.datまとめ

Outlookのメールソフトは汎用的にシェアされているソフトですが、全ての組織がOutlookのメールソフトを使用しているわけではないです。

受信者が、自由にソフトインストールが出来る環境の場合は、Winmail.datの中身を確認できるフリーソフトをインストールして閲覧が出来ます!

しかし、全ての組織がOutlookのメールソフトではないので、送信者はテキスト形式で送付&添付ファイルをZIPファイルで圧縮して送信することである程度は回避できるかと思います。

それではー!

ABOUT ME
なお
フルスタックエンジニアを目指すサラリーマン。インフラ、WEBを中心に色んなIT関連情報に手を出したいと思います。