コマンドプロンプト

bat/cmd

Telnet 接続方法 使い方

Telnet接続の前提条件になります。 機器同士に互いに通信が通ること。 PCでtelnetクライアント機能が有効になっていること。 サーバーやルーター等でtelnetサーバー機能がのサービスが有効になっていること。 WindowsVista以降のOSは機能を有効にしないと使用できません。
bat/cmd

whereコマンド ファイル検索コマンド 使い方

ファイルの文字列を検索するコマンドは、findstrコマンドがあります。こちらは良く使用していたのですが、ファイルを検索するwhereコマンドというのを最近知りました。ファイルを検索するにはwhereコマンドを使用します。whereコマンドはファイル名が思い出せない場合は正規表現(*)を使って検索が可能です。
bat/cmd

Whoami 使い方 コマンドプロンプト備忘録

whoamiは直訳すると私は誰?(Who Am I?)と言う意味になります。現在ログインしているドメイン、ユーザーは誰なのか調べる際に使用できます。コマンドプロンプトでwhoamiと打ちましょう。スペースは入れずにwhoamiと打ちます。
bat/cmd

コマンドプロンプト コマンド別名作成 DosKey設定方法 

コマンドプロンプトの入力コマンドに別名をつけられる Doskeyの設定方法になります。例えば「dir /s」というコマンドに対して「ls」というコマンドマクロを設定するには次のように入力します。 doskey ls=dir /s これで「dir /s」に対して「ls」というコマンドマクロが登録されました。
bat/cmd

runasコマンドの使い方 管理者権限でアプリケーションを実行する方法

runasコマンドの使い方 管理者権限でアプリケーションを実行する方法。パソコンの管理者権限は色々なアプリケーションが実行可能ですが、実際の会社だと普段はユーザー権限で仕事をします。管理者権限だと実行不可のアプリケーションの場合、サインアウトして管理者権限で実行しないといけない場合があります。サインアウトが面倒な時に
bat/cmd

Windowsライセンス期間切れるとどうなる?延長コマンドの備忘録

こんばんは!NAOです。Windows評価版やライセンスが切れてしまった時の為のライセンス延長コマンド備忘録です。魔法のようなコマンドですが延長コマンドはMicrosoftにより実装されています。コマンドプロンプトを開き下記のライセンスリセットコマンドを打ちましょう。
bat/cmd

コマンドプロンプトを使いこなす備忘録

こんばんは!NAOです。Windowsでよくコマンドプロンプトを使用するので備忘録です。コマンドプロンプトの小技を紹介します。画面サイズの拡大,コマンド表示をリセット・・・
bat/cmd

robocopy使い方備忘録

バックアップとしてある特定のフォルダをコピーしたい時に使えるのがrobocopyコマンドです。コピーコマンドは、他にcopy、xcopyがありますがrobocopyはフォルダの同期が可能。コピー元、コピー先の差分を確認してコピーが可能になる。様々なオプションがありとても高機能なコピーコマンドです。
タイトルとURLをコピーしました